歴史とロマンの平戸・天草と九十九島 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

HOME > インフォメーション > タビログ > 歴史とロマンの平戸・天草と九十九島

 iNote
歴史とロマンの平戸・天草と九十九島
歴史とロマンの平戸・天草と九十九島

先週末から3日間で歴史とロマンの平戸・天草と九十九島へ行ってきました!
といっても3日間のはずが・・・4日間に。
初日は、スムーズに九州は福岡空港へ到着!
約1時間20分の空の旅。
しかし、早いものです。
浜松から空港まで約2時間・・・
それを考えると・・?
まずは福岡空港からバスで唐津の観光。
そして伊万里焼窯元を散策。
当初、明日の観光だったが、時間も調整がつき平戸も散策!
そして今夜は平戸温泉の宿泊で終了。
結構歩きましたが、なかなか見応えばっちり。

2日目は生月島を観光し、平戸大橋公園に!
朱塗りの平戸大橋を望み、その大橋を渡って平戸を後に、西海パールシーリゾートを観光。
ここでは九十九島遊覧を楽しみました。
残念ながら曇り空でしたが、水も綺麗で水辺には島が映りいい景色で快適なクルージング。
最後には弓張岳から九十九島を眺望し雲仙温泉へ到着。
宴会前、ちょっと散歩がてらに雲仙地獄を散策し一汗かいて温泉三昧!
やっぱり気持ちいい。
ちょっと白く濁っていて温泉!って感じです。

3日目は少しゆっくり目の出発で、フェリーにのりまずは殉教公園へ。
ここは元天草氏の居城、本戸城があったとされる公園で、隠れキリシタンの資料館やキリシタン墓地がある。
この公園を下っていく途中、明徳寺を車窓で見学したのだが、見るからに格式の高そうなお寺で、ところどころ十字架があったり、石地蔵は鼻が高くバテレンに似ていたりとキリシタンを弾圧し、仏教を広めるためのお寺というのが随所にうかがわれた。
昼食後は、天草四郎メモリアルホールを見学。
中では3D映像も見学し、歴史がわかる。
最後に明治の香りが漂う街、三角港散策をしいざ帰り支度空港へ。
しかし・・・
濃霧・・・
チケットは出たものの
熊本空港の上を暫く旋回し回復を待つが、あえなく機材が降りてこれなく欠航・・
乗る便も最終便でもう遅く、これから福岡に!っというのも無理・・・
念のため、熊本市内のホテルをとっていたのでもう1泊熊本に泊まり、明日の一番便も押さえておいたのでその便で帰るということに。。。
3日間が4日間になってしまいました。
でも予報ではず〜っと雨?と思いきや、傘はほとんど使わなかったし良かったです。
いやはや皆様お疲れ様でございました。



  • Posted by 2008年06月27日 (金) | タビログ | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
コメント:
CAPTCHA:

スパム防止のため、以下に表示されている文字列を入力してください


※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。


Information List