鹿児島・知覧ツアー 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

HOME > インフォメーション > タビログ > 鹿児島・知覧ツアー

 iNote
鹿児島・知覧ツアー
鹿児島・知覧ツアー

知覧ツアーと題し鹿児島へ行ってまいりました。
1日目:中部国際空港より鹿児島空港へ。
その日の桜島は私たちを歓迎してくれているかのように活動的。
バスの中から何回も桜島の噴火を見ることができました。
ガイドさんの話によると去年から特に活動的らしく、灰の処理が大変なんだとか。
市内にはゴミ収集所の他に灰収集所も設けられています。
鹿児島弁は昔、暗号化を目的とされていたその名残で難しく、現在ではご高齢の方しか喋れないんだそうです。
しかし誰も教えないのに幼稚園くらいの子でもしゃべれる鹿児島弁は「へが!」意味は「灰(へ)が降ってるよ」そのくらい頻繁に灰が降るんです。
参考までに「ゆくさ、おじゃったもんせ=ようこそ、いらっしゃいました」…難しいですねぇ。
初日はツアーの目的でもある知覧観光。
鹿児島市内から山の方へ1時間くらい行った場所です。
ここは特別攻撃隊(特攻)基地の1つ。
まずは富屋食堂に行き、鳥濱明久さん(館長)のお話を聞きました。
この方は『特攻おばさん』の愛称で親しまれている鳥濱トメさんのお孫さんです。
トメさんから直に話を聞き、一緒にお参りをしてきた館長さんだからこそ後世に伝えなければならないといい話始めました。
富屋食堂とは特攻の指定食堂で多くの特攻兵がトメさんを慕ってきたところです。
生々しい話はとてもほんの60数年前のこととは思えないほどでした。
大人の男の人があれ程泣くなんて。
館内には沢山の遺品や写真、手紙がありました。
ここにある手紙は唯一、厳しい検閲を逃れ、トメさんが身を張って守り抜いた手紙だそうです。
すぐ近くの『知覧特攻平和会館』に移動し、館内の展示品を見ていると涙が溢れて、胸が締め付けられる思いでした。
幼子を残して往った父親、婚約者に自分のことを忘れるよう促した最後の手紙、両親へ特攻に志願したことへの謝罪と感謝の言葉。どの手紙にも特攻兵の本心が書かれていました。
『ホタル』や『アリラン』をはじめ、隊員たちの色々な物語を話す生前のトメさんのビデオも上映されていました。
「我、咲くためにこそ 今 散りに往く」「母、母、母!」「開聞岳よ、さようなら」「先に往きます、また靖国で」中にはただ一文字「死」と書かれている絶筆もありました。
血染めの志願書。
手紙と一緒に送った人形。とても十代や二十歳そこそこの子が書いたとは思えないような文章の内容と、達筆にただただ驚きました。
この過去があってこそ今、自分たちは平和に生かされているのだと。両親、友達、出会った人々に感謝して生きていきたいと思いました。
知覧を後にし、宿泊先へ。夜は九州各地からのゲストと静岡の方との交流会でイイ絆が出来上がったようです。
私は桜島の見える露天風呂を満喫させていただきました^^♪

2日目:鹿児島市内観光桜島は前日、活動しすぎたせいか大人しく空が霞んでいてあまりキレイには見えませんでした。
まずは『西郷隆盛像』や『鶴丸城跡地』を車窓。鹿児島の人は西郷隆盛のことを「西郷先生」と言うそうです。
絶対呼び捨てにはしないらしい。
でも『大久保利通』は呼び捨てみたいですょ。
不思議だぁ。鶴丸城跡の向かい側には南北戦争により生々しい銃弾痕壁を見ることもできました。
そんな鹿児島の歴史を知るために『維新ふるさと館』へ。
農業で発展してきた鹿児島の歴史に触れることができました。
通りがかりの鹿児島市場に寄り道した後『奄美の里』でお食事。奄美地方の郷土料理・鶏飯やきびなごをいただきました。
鹿児島といえば…かるかん!さつま揚げ!ということで『薩摩庵』に到着。
ここではかるかんとさつま揚げの製造工程を見せていただきました。
かるかんは中に餡が入っていて、外は山芋などを含んだ皮からできる昔ながらのお菓子です。
さつま揚げは、やっぱり出来立ては美味しい^^お腹もイッパイになったところで鹿児島空港へ。
2日間お天気にも恵まれ、2日目は20℃もあり暖かく南国を味わうことができました。
歴史の勉強もでき、これからまた新たな気持ちで頑張りたいと思います。
皆様 お疲れ様でした、ありがとうございました。
最後に…今回は知覧へ行きましたが、大隅半島の鹿屋も特攻基地の1つです。
皆様 鹿児島に行かれた際には是非、知覧や鹿屋にお立ち寄り下さいませ。
そして、世界恒久平和を祈ってください。


  • Posted by 2010年01月20日 (水) | タビログ | コメントコメント(6

この記事へのコメント

今回の旅行では、大変おせわになりました♪

学びが多く、気付きの多い旅でした☆

ここへは2度、3度と足を運びたいとおもっています。

今後もよろしくお願いします♪

ありがとうございました☆

感謝☆合掌

http://www.cocoro-tenkuu.jp

Posted by カズ☆ | 2011年01月13日 15:16

ありがとうございました

とても楽しい旅になりました
ありがとうございます
又是非岡むら浪漫ツアー
宜しくお願い致します

Posted by 岡村佳明 | 2011年01月13日 15:17

カズ☆様

お疲れ様でした。
今回は気づいて、築いて、本当にイイご旅行になったようでよかったです。
不慣れな添乗でご迷惑をおかけしてしまったのでは??
またのご利用お待ちしています♪

Posted by MP | 2011年01月13日 15:18

岡村佳明様

お疲れ様でした。
岡村さんには本当にお世話になりました。ボスのような存在、とても助かりました。次は『築きツアー』へのご参加、お待ち申し上げています♪

Posted by MP | 2011年01月13日 15:18

ブログ拝見しました。すごいですね!!

Posted by 蓑島 秀幸 | 2011年01月13日 15:19

蓑島様

おかげさまで、無事に帰ってくることが出来ました。
とってもステキな旅行でしたよ。お客様にも喜んでいただけたようです^^
ありがとうございました。

Posted by MP | 2011年01月13日 15:19

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
コメント:
CAPTCHA:

スパム防止のため、以下に表示されている文字列を入力してください


※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。


Information List