ロシアに対する渡航情報(危険情報)の発出 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

HOME > インフォメーション > 旅行情報&お知らせ > ロシアに対する渡航情報(危険情報)の発出

 iNote
ロシアに対する渡航情報(危険情報)の発出

●チェチェン、イングーシ、ダゲスタン、北オセチア、 カバルダ・バルカル、カラチャイ・チェルケスの各共和国及び スタヴロポリ地方 :「渡航の延期をお勧めします。」(既に滞在中の方は、退避手段 等につきあらかじめ検討してください。)(継続) ●上記を除く地域(首都モスクワ市を含む) :「十分注意してください。」(継続)

☆詳細については、下記の内容をよくお読みください。

1.概況
(1)チェチェン、イングーシ、ダゲスタン、北オセチア、カバルダ・バルカル、カラチャイ・チェルケスの各共和国及びスタヴロポリ地方は、武装勢力によるゲリラ的攻撃や自爆テロ事件が多数発生しており、また、治安当局も銃撃戦を伴う掃討作戦を頻繁に実施するなど、治安情勢が不安定です。

(2)ロシア当局の掃討作戦によって、チェチェン武装勢力はその指導者の多くを失いました。しかし、上記(1)の地域の情勢安定化には長期間を要するとみられますので、今後とも警戒が必要です。また、モスクワ市などの大都市では、引き続き地下鉄などの公共交通機関を狙ったテロが発生する可能性があります。日本人を含む外国人はこれら武装勢力の直接の標的とはなっていないとみられますが、テロ事件に巻き込まれる可能性もあります。

(3)また、上記(1)の地域に接する隣国グルジアとロシアとの間では、南オセチア及びアブハジアを巡る紛争の解決をめぐって、二国間関係の緊張が続いています。2008年8月、グルジアの南オセチア等において両国が戦闘状態に入りましたが、戦闘行為が終結して以降も、南オセチア及びアブハジア並びにその周辺地域においては、緊迫した状況が続いています。

2.地域情勢
(1)チェチェン、イングーシ、ダゲスタン、北オセチアの各共和国:「渡航の延期をお勧めします。」(既に滞在中の方は、退避手段等につきあらかじめ検討してください。)これらの地域においては、武装勢力によるゲリラ的攻撃や自爆テロ事件がこれまで多数発生してきており、民間人にも多くの犠牲者が出ています。最近、特に、チェチェン、イングーシ、ダゲスタン共和国で治安機関等政府職員に対するテロが頻発しています。チェチェン共和国においては、対テロ作戦体制が解除され現在もテロが頻発しています。2010年6月30日、首都グロズヌィの中心部で、カディロフ同共和国大統領が出席していたコンサートの会場付近で自爆テロが起き、法執行機関職員5人及び民間人2人が負傷しました。同年10月19日、武装したテロリスト4人がチェチェン共和国議会を襲撃し、警官2人及び議会職員1人が死亡、17人が負傷しました。イングーシ共和国においては、2009年6月22日、ナスィル・コルトフスク地区で車両が爆発し、大統領が重傷を負いました。2010年2月1日、イングーシ共和国内務省の建物に向けグレネードランチャーからりゅう弾が5発発射され、警官1人が死亡、3人が負傷しました。同年4月5日、カラブラク市内務省の建物の近くで2度にわたる爆発があり、警官2人が死亡し、13人が負傷しました。さらに、同年4月19日、ナズラニ地区でイングーシ共和国内務次官の車両が時限爆破装置により爆破され、4人が負傷しました。同年5月31日、オルジョニキゼフスカヤ村のカフェで爆発があり、警官2人が負傷しました。同年6月12日、エカジェボ村付近で同共和国内務省の車両が銃撃され、警官2人が負傷しました。同年7月20日、ナズラニ市でロシア内務省の車両が銃撃され、警官2人が負傷しました。ダゲスタン共和国においては、2010年6月12日、カスピースク市で爆発があり、消防士1人が死亡し、警官等5が負傷しました。同年9月4日、マハチカラで同共和国民族政策・情報・対外関係相の専用車が爆発し、運転手が死亡、同相と警護員が負傷しました。同年9月5日、ブイナクスク近郊のロシア軍駐屯地に乗用車が侵入して爆発し、少なくとも軍人3人が死亡、30人以上が負傷しました。同年9月6日、マハチカラの中心部で爆発が起き、警官1人と通行人1人が負傷しました。同年9月7日、アルトラハンニからキジルユルト間の貨物列車が爆破され、車両6両が脱線しました。同年9月30日、カスピースク市と空港の間の道路において警察車両付近で爆発が起き、警官17人が負傷しました。同年10月23日、ハサビュルト市の警察学校の敷地内に車両が突入して自爆し、警官1人が死亡、警官及び住民計12人が負傷しました。北オセチア共和国においては、2008年以降テロが頻発し、一般市民にも死傷者が出ていますまた、2010年8月15日、同共和国東部の検問所で自爆テロがあり、警官1人が死亡、3人が負傷しました。同年9月9日、ウラジカフカスの市場で車爆弾による自爆テロがあり、19人が死亡、200人以上が負傷しました。このような現地情勢にかんがみ、これらの地域への渡航は目的のいかんを問わず延期するようお勧めします。また、既に同地域に滞在されている方は、退避手段等につきあらかじめ検討してください。

(2)カバルダ・バルカル、カラチャイ・チェルケスの各共和国及びスタヴロポリ地方:「渡航の延期をお勧めします。」(既に滞在中の方は、退避手段等につきあらかじめ検討してください。)これらの地域においては、情勢が必ずしも安定しておらず、チェチェン武装勢力によるテロが起きています。カバルダ・バルカル共和国では、2010年5月10日、バクサン市郊外の警察施設が銃撃され、警官1人が死亡しました。同年5月25日、エリブルース地区で警察車両が爆破され、警官2人が負傷しました。同日夜、ナリチクの商業センター近くの交差点の路肩に置かれていた爆破装置が作動し、近くの建物のガラスが損傷しました。同年6月3日から4日にかけて、ナリチク市郊外の送ガス管が爆破されました。同年7月17日、同共和国で連邦保安庁職員の車両が爆破され、同人が死亡し、女性、子ども計4人が負傷しました。同年7月21日、バクサン水力発電所に少なくとも6人のテロリストが侵入し、警備していた警官2人を殺害したほか発電機2基を爆破しました。カラチャイ・チェルケス共和国では、2009年1月13日、同共和国議会議員が駐車場で何者かに銃殺されました。スタヴロポリ地方では、2010年5月26日、スタヴロポリ市の文化・スポーツ会館のそばで爆破装置が作動し、8人が死亡し、29人が負傷しました。同年6月3日、エデレフ北コーカサス連邦管区ロシア大統領全権代表代理は、スタヴロポリ地方チャピゴルスク市での会見で、北コーカサス地域のダゲスタン、イングーシのほか、カバルダ・バルカル、カラチャイ・チェルケス各共和国において過激主義勢力の活発化が予想されると述べています。同年9月30日、スタヴロポリ市南西部のカフェ付近でTNT火薬90キロ相当の爆発物が仕掛けられた車両及びその車両の中から銃殺された男性の遺体が発見され、テロ未遂として捜査されました。つきましては、同地域への渡航は目的のいかんを問わず延期するようお勧めします。また、ロシア・グルジア国境の山岳地帯への登山のため、カバルダ・バルカル共和国を経由する方がいますが、上記の理由から、これも延期するようお勧めします。既に同地域に滞在されている方は、退避手段等につきあらかじめ検討してください。

(3)上記を除く地域(首都モスクワ市を含む):「十分注意してください。」連邦保安庁は、2009年9月5日、6日の「モスクワの日」祝賀行事へのテロを未然に防止することができたとしています。2009年9月3日に治安当局がモスクワで身柄を拘束したチェチェン人からは、爆発物を詰めたベルト、TNT火薬を隠した重い靴が発見されたほか、翌4日、チェチェンでテロ容疑者の所持品から約3キログラムの爆発物及びモスクワ行きのチケットが発見されたとされています(当該テロ容疑者は当局との銃撃戦の末死亡)。同年11月27日夜、ロシア北西部ノヴゴロド州とトヴェーリ州境界付近で発生したモスクワ発サンクトペテルブルク行急行列車「ネフスキー・エクスプレス」が脱線した事案では、現場から爆発装置の残骸が発見されるなどしたためテロリストの犯行と見られています。この事案では、国家警備局長官を含む28人が死亡、100人以上が負傷しました。さらに翌28日、捜査委員会高官が当該現場を視察していた際に2度目の爆発があり、捜査委員会委員長を含めた捜査関係者を狙ったものとみられています。2010年3月12日、モスクワ市のコジュホボ地区の住宅付近で駐車していた車両の底部で爆発物が作動し、同車両が大破しました。さらに、同
年3月29日、モスクワの地下鉄の「ルビャンカ」駅及び「パルク・クリトゥールィ」駅において自爆テロが連続して発生し、40人が死亡し、90人以上が負傷しました。国家反テロ委員会によれば、自爆犯はいずれもダゲスタン共和国出身の女性2人とされています。チェチェン武装勢力指導者ドク・ウマロフが本件につき犯行声明を出し、ロシア領内での攻撃を今後も続けると警告しています。また、ソチ市では2010年11月20日、ソチ駅の隣のマツェスタ駅から700メートル地点で爆発があり、負傷者はなかったものの、列車の運行が一時停止されました。その他、モスクワを中心に、非スラブ系の外国人を狙った殺人、傷害事件が多数発生しています。モスクワ市及びモスクワ州では、2010年1月から11月にかけて、17人が殺害され113人が負傷しました。一連の犯罪の背景には、外国人排斥を標榜する若者集団(スキンヘッド・グループ等)の存在が考えられます。このような排外的民族主義者による犯罪は頻発しており、日本人が負傷した事例もあります。一般犯罪のみならず、このような集団による犯罪に対しても引き続き注意を払う必要があります。つきましては、モスクワ市やサンクトペテルブルク市等の各都市に渡航・滞在を予定されている方は、このような事情を考慮し、不特定多数の人が集まる場所への訪問や公共交通機関の利用、繁華街への外出をできるだけ控えてください。もし、こうした場所に行く必要がある場合には周囲の状況に注意を払うとともに、万一に備えて、外出先を家族や知人などに伝えるなど安全対策に十分心掛けてください。

3.滞在に当たっての注意
滞在中は、上記情勢及び下記の事項に十分留意して行動し、危険を避けるようにしてください。
(1)渡航者全般向けの注意事項
(イ)ロシアへの出入国に関する注意事項
(a)ロシアは、出入国に際しての審査が特に厳格な国です。査証の有効期間切れやパスポートの人定事項欄や査証の損傷などの理由により、ロシアへの入国又はロシアからの出国ができなくなるトラブルが発生しています。出入国関連法を含め、ロシアの国内法を遵守するようにしてください。また、ロシアを乗り換え地としてCIS諸国に赴く際、到着空港と出発空港が別で、ロシアの通過査証を取得していなかったため、乗り継ぎできなくなったというトラブルも起きています。ロシア経由によるCIS諸国への渡航の際は事前に航空会社等に対して十分確認を行って、ロシア査証を取得するか、又は査証を必要としない西欧等の乗換え地を選ぶようお勧めします。
(b)ロシアでは、出入国カードの制度が導入されています。入国審査の際に半分が切り取られますが、残った半券は出国の際に必要になりますので、紛失しないよう注意してください。
(c)ロシアから出国する際には、有効な査証を所持していることが必要です。出張や観光旅行の方は、所持している査証の有効期間中に出国すれば問題はありません。しかしパスポートの盗難や紛失により査証を失った場合や入院等で当初予定していた時期までに出国できない場合には、改めて査証を取得(転記又は延長)しなければ出国できません。査証の転記、又は延長手続は、ロシア国内の保証人が行うこととなっています。インターネットなどで集客している、いわゆる「査証斡旋会社」は、転記又は延長手続に非協力的な場合が多いので、トラブルのもとになります。利用する際はご注意ください。また、万が一の際に延長手続を円滑に行えるよう、あらかじめ査証をコピーしておくことをお勧めします。
(d)通関規則(2010年7月一部改正)により、税関申告が必要とされる物品、現金等の持ち出し・持ち込み額等が定まっていますので御留意ください。以下は申告が必要な主な場合ですが、詳細については
《安全対策基礎データ》を御覧ください。
(i)ロシア入国時
・携行荷物全体の価格が1,500ユーロ以上か、又は総重量が50kg以上(ただし、一品目の重量が35kg以上の物品は、総重量が50kg以下であっても免税にならないので、申告することが必要)
・外貨、ルーブル貨、トラベラーズチェック及び有価証券の合計が10,000米ドル相当以上
(ii)ロシア出国時
・3,000米ドル相当以上の外貨又はルーブル貨(10,000米ドル相当以上は、申告書記入だけでなくロシアへの持ち込みを証明する税関申告書が必要)
・10,000米ドル相当以上のトラベラーズチェック
(e)報道関係者(フリーのカメラマン、ジャーナリストを含む)については、「取材目的」にてロシアを訪問する場合、事前に記者登録を行い取材許可を得るとともに、「報道査証」を取得してください。また、取材用機材の持込みに際しては、別途登録手続が必要ですので然るべく登録を行ってください。

(ロ)治安面での注意事項
(a)外国人を狙った犯罪としては、強盗事件や、スリ、置き引き、詐欺といった金品奪取を目的とするものが多発しているほか、外国人排斥を主張するグループ等による殺人、傷害事件も多発しており、主要都市では日本人を含むアジア人の被害者も出ています。また最近、ロシア極東地域では偽造通貨が出回っており、十分な注意が必要です。詳しい犯罪手口については《安全対策基礎データ》を御参照ください。
(b)テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう、最新の関連情報の入手に努め、テロの標的となる可能性がある場所(政府関係施設、公共交通機関、大型商業・遊興施設等)にはできる限り近づかない、大勢の人が集まる場所では警戒する、周囲の状況に注意を払う、夜間の一人歩きは極力避けるなど安全確保に十分注意を払ってください。また、テロ事件が発生した場合の対応策を再点検し、状況に応じて適切な安全対策が講じられるよう心掛けてください。

(ハ)医療事情
ロシアにおいて入院が必要となる病気になったり負傷したりした場合には、ロシアの病院に入院することもできますが、重度の場合、ロシア国外の医療機関への緊急移送となるケースがほとんどです。この場合、極めて高額の費用を要しますので、事前に海外旅行保険に加入するよう強くお勧めします。最近、高齢者の方の観光旅行が増えていますが、食事や気候の変化から体調を崩し、入院される例が多くみられます。健康管理にも十分配慮し、無理な日程での旅行は避けるようにしてください。

(ニ)到着通知
外国人がロシアにおいて、土・日・休日を除く3日以上(永住者は7日以上)同じ場所に滞在する場合には、到着後3日(永住者は7日)以内にその地の移住庁機関に到着通知をしなければなりませんが、この到着通知を巡ってロシア当局とのトラブルが発生しています。手続は、郵便局において「到着通知書」を提出して行うか、または、ホテルに宿泊する場合は(たとえ1泊でも通知義務が課せられます)、チェックイン後直ちにホテル側にパスポートと出入国カードを提出することでホテルが手続きを行います。詳細は安全対策基礎データを参照してください。

(ホ)滞在中はパスポートを常時携行することが必要です。ロシアでは、警察官による職務質問が頻繁に行われ、身分証明書の提示を求められますが、パスポートの不携帯又は到着通知の不履行のために警察署に連行されたり、罰金として金銭を脅し取られたりする事例(警察官が罰金として現金を要求することは認められていません)が主要都市で発生していますので、《安全対策基礎データ》を参照の上、注意してください。なお、盗難被害に遭わないよう、パスポートの携行に当たっては肌身から離さず所持する等十分な注意が必要です。

(2)長期滞在者向けの注意事項
(イ)現地に3か月以上滞在される方は、緊急時の連絡等に必要ですので、到着後遅滞なく在ロシア日本国大使館又はロシア国内の日本国総領事館に「在留届」を提出してください。また、住所その他の届出事項に変更が生じたとき又はロシアを去る(一時的な旅行を除く。)ときは、必ずその旨を届け出てください。なお、在留届は在留届電子届出システム(ORRネット、 http://www.ezairyu.mofa.go.jp/ )による登録をお勧めします。また、郵送、FAXによっても行うことができますので、その場合は滞在される場所の近くにある在ロシア日本国大使館又は日本国総領事館に送付してください。

(ロ)外出の際には、身の周りの安全に十分注意してください。可能な限り夜間の外出は控える、外出の際は複数人で行動するなどして、犯罪に巻き込まれないようにしてください。また、携帯電話を携行するなど連絡手段を確保するようにしてください。

(ハ)「渡航の延期をお勧めします。」の危険情報が発出されている地域に滞在されている方は、不測の事態に備え、食料、飲料水等を備蓄しておくとともに、パスポート、貴重品、衣類等をいつでも持ち出せるよう準備しておき、さらに、退避手段等についても常時確認しておくようにしてください。

4.なお、隣接するアゼルバイジャン、カザフスタン、グルジア、ベラルーシ、中国及び北朝鮮に対し、別途各々「危険情報」を発出していますので、これら情報にも御留意ください。


(問い合わせ先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐に関する問い合わせを除く)
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3100
○外務省領事サービスセンター(海外安全担当)
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/ 
http://www.anzen.mofa.go.jp/i/ (携帯版)
○在ロシア日本国大使館
住所:Grokholsky Pereulok 27, 129090, Moscow, Russia
電話: (市外局番495) 229-2550又は229-2551
国外からは(国番号7)495-229-2550又は229-2551
FAX :(市外局番495) 229-2555又は229-2556
国外からは(国番号7)495) 229-2555又は229-2556
ホームページ: http://www.ru.emb-japan.go.jp/japan/index.html
○在ウラジオストク総領事館
住所:Ulitsa Verkhne-Portovaya 46, Vladivostok, Primorsky Krai,
690003, Russia
電話:(市外局番4232)26-75-02又は26-75-13又は26-74-81
国外からは(国番号7)4232-26-75-02又は26-75-13又は26-74-81
FAX :(市外局番4232)26-75-41又は620-121
国外からは(国番号7)4232-26-75-41又は620-121
ホームページ: http://www.vladivostok.ru.emb-japan.go.jp/jap/index.html 
○在サンクトぺテルブルク総領事館
住所:Nab. Reki Moiki 29, Sankt-Peterburg, 190000 Russia
電話: (市外局番812) 314-1434又は314-1418
国外からは(国番号7)812-314-1434又は314-1418
FAX :(市外局番812) 710-6970
国外からは(国番号7)812-710-6970
ホームページ: http://www.st-petersburg.ru.emb-japan.go.jp/indexjp.htm 
○在ハバロフスク総領事館
住所:Ulitsa Turgeneva 46, Khabarovsk, Khabarovsky krai, 680000,
Russia
電話: (市外局番4212) 413044又は413045又は413046
国外からは(国番号7)4212-413044又は413045又は413046
FAX :(+7-4212) 413047
国外からは(国番号7)4212-413047
ホームページ: http://www.khabarovsk.ru.emb-japan.go.jp/j/ 
○在ユジノサハリンスク総領事館
住所:Lenin St. 234、5th Floor、Yuzhno-Sakhalinsk, Sakhalinskaya
Oblast 693020, RUSSIA
電話:(市外局番4242)72-60-55又は72-55-30
国外からは(国番号7)4242-72-60-55又は72-55-30
FAX :(市外局番4242)72-55-31
国外からは(国番号7)4242-72-55-31
ホームページ: http://www.sakhalin.ru.emb-japan.go.jp/ 

「外務省海外安全 ホームページ抜粋」


  • Posted by 2011年01月06日 (木) | 旅行情報&お知らせ | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
コメント:
CAPTCHA:

スパム防止のため、以下に表示されている文字列を入力してください


※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。


Information List